サイトマップ

安くて大量の情報を伝えられる広告郵便なら圧着ハガキ

ポスト

広告郵便をお客様に送付する際、内心心配なことと言えば、そもそもこの広告郵便を本当に受取人に読んでもらえるのだろうかということでしょう。会社によっては、もともと読んでもらえる確率の低い広告郵便に多大なコストをかけるのは無駄ということで、メルマガ一辺倒のところもあるでしょうし、普通のハガキしか送らないところもあります。もう少し広告郵便に力を入れる余裕がある会社なら、パンフレットを封書で送るところもあります。しかし、ハガキなみのコストでパンフレットレベルの情報提供が可能というメリットがある広告郵便もあります。それが圧着ハガキです。
圧着ハガキの情報量が多い秘密は、その作りにあります。一見、普通のハガキと同じサイズですが、糊付けした部分を開いて開封すると、2~3倍の面積まで広がります。この広さがあるため、商品やサービスについて十分な情報提供を行い、売り込み文言を盛り込むことが可能になるのです。
圧着ハガキは、印刷と糊付けという特殊な工程を経る必要があるため、原則的に作成は業者に依頼します。大抵の業者は良心的な価格設定ですが、値段やオプション内容には業者によって違いがあるため、発注前にやはり複数業者を比較してみる方が無難でしょう。

おすすめ情報

窓付き封筒

2019年06月14日

広告郵便を作成したい時は圧着ハガキを

受け取った人にしっかりと中身を確認して貰える広告郵便を作成したい時は、圧着…

ポスト

2019年06月14日

安くて大量の情報を伝えられる広告郵便なら圧着ハガキ

広告郵便をお客様に送付する際、内心心配なことと言えば、そもそもこの広告郵便…

ハガキ

2019年06月14日

広告郵便作成は専門業者に依頼を

キャンペーンやセール、イベントなどのお知らせを的確に伝えることができる広告…

広告

2019年06月14日

コスパが高い広告郵便は圧着ハガキで

広告を出す媒体として何を使うにしても、本当に成果を出せる広告を編み出すのは…